CharacterSheet

時代も舞台も世界観も異なる3つの設定集。

01

桜姫
Ouki

桜姫
  • 年齢15
  • 生誕02/16
  • 性別女子
  • 身長156cm
  • 髪色◆黒檀
  • 瞳色◆黒檀
  • 代々『呪い』をかけたり除いたりすることを生業とする一族の生まれ。
  • 本名は「櫻媛」と書いて「サクラヒメ」だが気に食わないので、「桜姫」と書いて「オウキ」と名乗ることにしている。
  • 動きやすいからという理由で、普段から男ものの服装でいる。別に男装趣味があるわけではない。でも言葉遣いも男の子。
  • 曲がったことや理不尽なことが許せない性分で、それを正そうとしてたびたび騒ぎを起こす。
  • 潜在能力はかなりのものだが、面倒臭がりで真面目に勉強していない。
  • 薔薇が嫌い。

白珠
Hakuju

白珠
  • 年齢17
  • 生誕03/14
  • 性別男子
  • 身長176cm
  • 髪色◆烏羽
  • 瞳色◆銀鼠×◆銀朱
  • 実父により全身の表面と中身に呪いを受けており、災厄をもたらす不吉な子として桜姫の住む邸の地下牢獄に軟禁されていた。
  • オッドアイは呪いの発露であり、後天的なもの。
  • かけられた呪いを解くため、桜姫によって牢から脱出させてもらい、ともに旅に出ることとなる。
  • 長いこと牢獄に繋がれていたため外の世界のことがよくわからず、桜姫よりも世間知らずなところがある。
  • 桜姫には助けられた恩義もあるが、もともとの優しい性格からして強く出られず「シラタマ」というあだ名も断れない。
  • 薔薇を尊敬している。

薔薇
Soubi

薔薇
  • 年齢18
  • 生誕03/05
  • 性別男子
  • 身長178cm
  • 髪色◆月白
  • 瞳色◆琥珀
  • 貴族の嫡男で桜姫の許婚。
  • 絶世の美少女(女装家)、バイセクシュアル。
  • 自らの命を削って一切の呪いを無効化する能力を持つが(白髪の所以)、白珠の呪いは特殊であるため下手をすると死んでしまう可能性がある。
  • 感情を表すのが下手で特に笑うのが苦手。
  • 表情がないのでとっつきにくいが面倒見は良く、時にユーモラスな一面もみせる。
  • 桜姫のことを子供扱いしており、白珠をまんざらではなく思っている様子。

02

伊東のり緒
Itoh Noriwo

のり緒
  • 年齢17
  • 生誕05/21
  • 性別女子
  • 身長162cm
  • 髪色◆アッシュブラウン×◆シアン
  • 瞳色◆アッシュブラウン
  • ちょっとやんちゃ入ってるが普通の女子高生。
  • 裏表がなく、良くも悪くも誰とでも平等に接する。
  • ピアスは音声受信機、口紅は音声送信機、指環は発信機、コンパクトはGPS機能内蔵ナビゲーター等、ほかもろもろ装備させられている。
  • わけもわからずの課す猛特訓をこなす日々。
  • 唯一、と対等に渡りあえる度胸と権利を持っている。
  • 銃など見たことも持ったこともないのに射撃のセンスは抜群。

守弥悠
Moriya Yu

悠
  • 年齢17
  • 生誕11/27
  • 性別男子
  • 身長177cm
  • 髪色◆ネイビー
  • 瞳色◆オペラ
  • ある日突然、伊東家に居候することになった謎の少年。
  • プライドが高く、名誉を傷つけられると、普段のおとなしいものごしから一変、凶暴な人格に変貌する。
  • 誰にでも礼儀正しく接するが、心底から受け付けない相手には慇懃無礼も辞さない。
  • のり緒に銃の扱いを含め、さまざまな武術のスパルタ教育を強いる日々。
  • のり緒のことを「お嬢さま」と呼ぶ。
  • 本人は柔術とナイフが得意。

03

セダ
Seda

セダ
  • 年齢22
  • 生誕10/22
  • 性別男子
  • 身長180cm
  • 髪色◆スモーキーゴールド
  • 瞳色◆コバルトグリーン
  • 各地の遺跡を転々として、高価な宝物を売り生計をたてている。
  • 職業柄、審美眼は確かなもの。しかし普段の生活はガサツで、自分のことすら満足に面倒をみきれない。
  • そのくせゴリ押しに弱く、困っているひとを放っておけない。
  • 幼いころからひとりで何でもこなしてきたので簡単には他人を頼らないが、一旦打ち解けると相手に頼るより頼られる存在になろうと頑張る。
  • 遺跡の守護者や他の盗賊等と渡りあってきたため、それなりに腕は立つ。
  • ドリスを下ネタでからかうのが趣味になっている。

ドリス
Dolis

ドリス
  • 年齢18
  • 生誕04/02
  • 性別女子
  • 身長165cm
  • 髪色◆ヴァイオレットレッド
  • 瞳色◆ミディアムオーキッド
  • 父親の遺志を継いで、世界じゅうの遺跡のなかから『呪われし』遺物を集め、破棄するために旅する少女。
  • セダとはとある遺跡で出逢い、命を助けられて以来、迷惑がられながらも同行する。
  • 使命感が強く、いい加減なセダとはしょっちゅうぶつかる。
  • 他人が虐げられることが何より耐えられず、しばしば過剰な自己犠牲精神を発揮してしまいセダに叱られる。
  • 頭は冴えているが純粋すぎるところがあり、下ネタなどにはめっぽう弱い。
  • 旅慣れているが壊滅的に方向音痴。ナビが手放せない。